留学で最も重要なこと

留学で一番大事なのは、異文化を受け入れる力があるかどうか。自分が今まで信じてきた価値観と異なる考え方を持つ海外で暮らすわけですから、カルチャーショックにどう対応するか。コミュニケーションすらままならないのに、文化も考え方も背景も違う異国で異国の人々と触れ合うわけですから、自分と異なる常識を持つ人々との交流を楽しめる力のあるなしで留学生活が大きく変わってきます。

ある意味、ストレスを感じずあまり悩まない少し適当な性格の人が留学に向いているといえます。異国文化を自国と比較し、否定、批判したところで何も生まれません。もちろん、すべてを受け入れる必要はありません、異なって当たり前なのだという意識を持つこと、認識することがポイントになります。

あとは食べ物、天気、環境に適応できる体の持ち主であるかどうかも重要になります。海外に出ると日本の良さに気づくとよく言われますが、海外では日本のような便利さは期待できません。日本ぽさを求めて来たのではない、という認識も大事になります。
そして海外では何かをするにしても日本人の一員、あるいは代表としてみなされますので、自己責任において自覚と目的意識を持って生活できるかが留学生活をより良いものにする鍵となります。