留学で語学を学ぶ人

日本人の海外留学者数が年々減少していると言われる昨今ですが、グローバル化が進んだ現代、世界に通用する仕事をするには英語は必須言語となってきているのもまた事実です。しかし、いい大学を出ても就職ができず、事業の新天地や仕事を求めて海外へ流出せざるを得ない状況下における中国や韓国、その他アジアの国々などとは異なり、そこまで英語が話せなくても生活に影響のない日本では、語学留学はあまり重要とされていないのかもしれません。

留学者数減少の主な要因として、少子化、不況、日本国内での大学の増加など考えられますが、他にも日本人の性格も一つの要因ではないかと言われています。例えば草食化と表現されるように日本人は特に内向的で、しかも島国という環境下において国外へ出るということに特別恐怖を抱いているようにさえ見えます。インターネットで世界中が一瞬で繋がり、コミュニケーション力が必須のこの時代に、陸続きで異国の文化、人、物が当たり前に入ってくるヨーロッパなどとは違い、異文化に対して理解し受け入れる心を培う機会が少ない日本人はある意味世界で不利な立場にあります。

もちろん減少しているとはいえ、海外に留学し語学を学ぶ日本人はたくさんいます。交換留学、海外の大学進学、ワーキングホリデー留学、資格取得などの為の専門留学、あるいは海外で暮らしてみたい、第二の人生を楽しみたいというシニア留学も珍しくなくなりました。ではそんな海外留学をする人とは、どんなタイプの人なのでしょう。